くらし情報『生きる勇気の種を撒き続けて40年、心の隙間に寄り添う「べんさん」のやさしい歌』

2019年12月7日 11:00

生きる勇気の種を撒き続けて40年、心の隙間に寄り添う「べんさん」のやさしい歌

生きる勇気の種を撒き続けて40年、心の隙間に寄り添う「べんさん」のやさしい歌
シンガー・ソングライターたかはしべんさん撮影/伊藤和幸
「べんさ〜ん!」

子どもたちの大きな声に招かれ手作りのステージに、たかはしべんさん(70)が登場した。10月末、埼玉県志木市みわ幼稚園のホールには、年少から年長までの園児全員が集まっていた。べんさんはギターを抱え、間を取りながら子どもたちに話しかける。

「あのさ、べんさんさ」

べんさんの声は不思議だ。低く響く声でそう言うだけでクスクスと笑い声が起こる。

「あのさ、べんさんさ」

繰り返すと子どもたちの笑い声は大きくなり、小さな頭がさざ波のように揺れる。

「あのさ、べんさんさ、みんなのお父さんやお母さんが生まれたころから歌ってて、歌のお兄さんって言われてたんだ。でも40年もたってさ、年とっちゃったからさ、歌のおじいさんって呼ばれるようになりました。やだなあ」

■40年間で5000公演

子どもたちはすぐにべんさんの世界に吸い込まれていく。べんさんは、「お隣のお友達とギュッてしてみよう!」と声をかけ、こんな歌を歌う。

「例えば夏の暑い午後/大好きなアイス食べていて/ポトンと土に落っことし/泣きたくなることあるでしょう/そんなときそんなとき/ちっちゃな声でおまじない/涙の止まるおまじない/ねーギュッてして」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.