くらし情報『阿部寛の『まだ結婚できない男』に隠された、スタッフ渾身のバナナの存在』

2019年12月3日 16:00

阿部寛の『まだ結婚できない男』に隠された、スタッフ渾身のバナナの存在

阿部寛の『まだ結婚できない男』に隠された、スタッフ渾身のバナナの存在
『まだ結婚できない男』(フジテレビ系火曜夜9時~)(c)フジテレビ
阿部寛主演の人気ドラマ13年ぶり続編『まだ結婚できない男』(フジテレビ系 火曜夜9時〜)が、終盤を迎える。偏屈で独善的、皮肉屋の53歳独身男は結婚できるのか?最終話直前の見どころと撮影エピソード、気になる結末をプロデューサーに直撃!

2006年放送の『結婚できない男』の続編が、いよいよクライマックスを迎える。

主演の阿部寛が演じる桑野信介は、腕のいい建築家だが、プライドが高く、偏屈な皮肉屋。結婚には“メリットがない”と、独身を満喫している。前作から13年、偏屈さが増した53歳の桑野の日常をコミカルに描いている。脚本は尾崎将也のオリジナル。

桑野の心境に変化をもたらす新たな女性たちは、吉田羊、稲森いずみ、深川麻衣が演じている。

■前作へのオマージュが随所に

「桑野信介は、日本の連続ドラマ史上、類を見ないキャラクター。尾崎さんが脚本を書き、阿部さんが演じないと絶対に成立しない人物だと思っています。

阿部さんは、撮影開始当初から、自然と役に入られたように感じました。演じるうえでの役作りはもちろんですが、何気ない仕草や動きといった、細かなところまで大事にされていて、13年前の引き出しを開けているような感覚でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.