くらし情報『『スカーレット』絵付け師役のイッセー尾形、ひとり芝居を作る際に“絵を描く”理由』

2019年12月6日 06:00

『スカーレット』絵付け師役のイッセー尾形、ひとり芝居を作る際に“絵を描く”理由

『スカーレット』絵付け師役のイッセー尾形、ひとり芝居を作る際に“絵を描く”理由
イッセー尾形撮影/齋藤周造
「見てくれた方からフカ先生へのうれしい感想をたくさんいただいて。口癖の“ええよぉ”は京都弁で、方言指導の先生からアクセントを教えてもらって、ひたすらコピーしました。

絵付けの練習もしましたが難しいんですよ。筆の引き際でプロと素人の違いが出るんです。だから新聞紙で稽古しましたよ、喜美子(戸田恵梨香)みたいに(笑)」

■フカ先生を演じるときに思い出した“恩師”

ひとり芝居の第一人者で、バイプレーヤーとして長年、活躍を続けるイッセー尾形(67)。現在、放送中の連続テレビ小説『スカーレット』では、ヒロイン・喜美子の師匠で絵付け師のフカ先生こと深野心仙を演じ話題を呼んでいる。

「僕も絵が好きなんですが、この役は自分の美術の先生とちょっとかぶるところがあって。その先生は、絵の自由さみたいなものを子どもたちに伝えようと苦労なされた方だったんです。なかなか自由って教えるの難しいじゃないですか。感じて見つけていく作業だから。そんなことを思い出しながら役に臨んでました」

一方、公開中の主演映画『漫画誕生』では、明治から昭和にかけて活躍した北沢楽天役に挑戦。手塚治虫や長谷川町子らにも大きな影響を与えた日本初の漫画家で、その生涯が描かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.