くらし情報『年内にも食卓へ、「安全審査も表示義務もない」不気味な“ゲノム編集食品”の実態』

2019年12月7日 08:00

年内にも食卓へ、「安全審査も表示義務もない」不気味な“ゲノム編集食品”の実態

年内にも食卓へ、「安全審査も表示義務もない」不気味な“ゲノム編集食品”の実態
血圧を下げる成分の多いトマトや涙の出ない玉ねぎ、肉厚で体の大きいマッスルマダイ、アレルギー物質の少ない卵を産む鶏……。ゲノム編集という遺伝子操作技術を使って、さまざまな食品の研究・開発が進められている
これまでにない、新しい遺伝子を操作した食品の流通が10月1日から解禁されました。遺伝子組み換え食品と同じように遺伝子を操作していますが、それとは異なる「ゲノム編集食品」というもので、間もなく私たちの食卓に現れることになります。これまでになかった食品です。安全なのか、とても不安です。

■遺伝子を壊してムキムキの豚を生み出す

まず、ゲノムとは何かから考えてみましょう。遺伝子とゲノムとは、どう違うのでしょうか。

遺伝子は、ひとつひとつの単位を表しています。ゲノムは、その全体を指します。例えば、人間には2万2000程度の遺伝子がありますが、そのすべての遺伝子のことをヒトゲノムといいます。

そのゲノムを自由自在に変更して編集することができるようになり、食品の開発にも応用されるようになったのです。それがゲノム編集食品です。とはいっても、現在はまだ、特定の遺伝子を壊して品種の改良を行っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.