くらし情報『橋本環奈と片寄涼太は「ラブシーンでもテレない」、ふたり仲よくAB型あるあるを披露』

2019年12月7日 19:00

橋本環奈と片寄涼太は「ラブシーンでもテレない」、ふたり仲よくAB型あるあるを披露

橋本環奈と片寄涼太は「ラブシーンでもテレない」、ふたり仲よくAB型あるあるを披露
橋本環奈、片寄涼太撮影/吉岡竜紀
片寄「すごく自然で直球のラブストーリー。すがすがしくて好きだな、というのが完成した作品を見た感想です」

国民的スーパースターの楓と、ごく普通の女子高校生の日奈々。住む世界のまったく違うふたりの“格差恋愛”を描いた映画『午前0時、キスしに来てよ』。

■“AB型あるある”で盛り上がったふたり

ダブル主演の片寄涼太と橋本環奈は今作で初共演。今年を振り返り「いろいろなところに出させていただいた」(片寄)、「さまざまな役に出会えた」(橋本)と語るふたりは多忙のため、撮影初日まで顔を合わせることができなかったそう。

片寄「当日も“本当にいらっしゃるのかな?”と思っていました」

橋本「お会いしたときに、そう言われました(笑)。初日は、共演シーンが少ししかなくて。わりと仲よくなったのは、次の日ですね。遊園地で1日中、撮影をして。“AB型あるある”で盛り上がった記憶があります」

楓を演じる片寄と日奈々役の橋本はともにAB型。どんな“あるある”を話したのか聞くと、

片寄「それを明かすと、すっごく恥ずかしいんですけど……。それに言い始めるとキリがないくらい出てくるんですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.