くらし情報『現役美容外科が答えた「危ない整形」の見分け方、無資格やアルバイト医師の現状』

2019年12月11日 20:00

現役美容外科が答えた「危ない整形」の見分け方、無資格やアルバイト医師の現状

現役美容外科が答えた「危ない整形」の見分け方、無資格やアルバイト医師の現状
※画像はイメージです芸能人が堂々と美容整形をしていることを公表するなど、今や美容外科手術はきわめて一般的なものになりつつある。しかしその一方で、トラブルが急増しているのも事実。本来、美容外科は、みなさんがきれいになってコンプレックスを克服できたり、人生を明るく生きるための医療であるはず。ではどうしたら、トラブルに巻き込まれない美容整形を選ぶことができるのか。このたび、『32歳の悩める女子が美容外科医に聞いてみた「痛い?」「こわくない?」「いくらなの?」』(現代書林)を出版した、銀座マイアミ美容外科の丸山直樹院長に見分け方を聞いてみた。
「ネットではとても安くできるようなことが書いてあったのに、実際行ってみたら、ビックリするほど高額の料金を提示された」

「術後のはれがひどく結局、別の病院で治療をした」

「思ったような仕上がりにならなかった」

広いようで狭い業界、 こうした話はひっきりなしに耳に入って来ると丸山院長は言う。

「要は美容外科の世界は、“玉石混交”“医療格差”が歴然として存在するのです。業界全体で襟を正すべき問題ではあるけれど、こうした現状がある以上、みなさんにはぜひとも“賢い美容外科選び”をしていただきたいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.