くらし情報『『小6女児誘拐』を野々村友紀子が考える! 思春期女子と“知らないおじさん”の今昔』

2019年12月8日 14:00

『小6女児誘拐』を野々村友紀子が考える! 思春期女子と“知らないおじさん”の今昔

『小6女児誘拐』を野々村友紀子が考える! 思春期女子と“知らないおじさん”の今昔
SNSが浸透したことで親がこの子のためにすべきことは──(TwitterJapanのアカウントより)
大阪市に住む小6女児がTwitterのダイレクトメッセージでやりとりをしていた35歳男性に誘拐されるという事件が起き、世間を驚かせている。今や世代に関わらず、誰もがSNSを使用する世の中だけに他人事ではない。自身も子育て真っ最中の放送作家でNSC講師を務める野々村友紀子が感じたこととは──?

* * *

今年もいろいろありましたが、これは世の思春期の子を持つ母親たちの心を相当かき乱した事件のひとつではないでしょうか。

女児が無事に保護されてホッと安心したあとも、「自分の子どもは大丈夫か?」「SNSで見知らぬ人と変なやりとりをしていないか?」「今後どう教育するべきなの?」と、親として心配が尽きることはありません。しかも、その後、似たような事件がいくつか発覚したことも、世間に大きな衝撃を与えました。

子どもが、自分のスマホで連絡をとった大人の男性に、自らついていってしまう。

道を歩いていて突然、車で連れ去られたわけでも、公園で遊んでいて何かにつられてついて行ったわけでもなく、自分の意志で出ていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.