くらし情報『《東京・東久留米》天井まで血しぶき、継父を70か所刺した男の奇妙な素顔』

2019年12月11日 05:00

《東京・東久留米》天井まで血しぶき、継父を70か所刺した男の奇妙な素顔

《東京・東久留米》天井まで血しぶき、継父を70か所刺した男の奇妙な素顔
田無署へ移送される容疑者。捜査員に会釈し、無数のカメラにも動じず(12月2日)
《日ごろ家から一歩も出ないヒッキーな自分は、道がわからずにいました》

《一人で切符を買えないダサい自分は必死になって駅員さんに……》

三ツ本寛己容疑者は、卒業文集で中学時代をそう自虐的に振り返っている。しかし、それから10数年後、世間を震撼させる事件を起こした疑いで逮捕されてしまった。

事件は11月8日、三ツ本容疑者の母親と妹がイタリア旅行に出かけている最中に起こった。

■「継父に恨みがある」

東京・東久留米市の容疑者の母名義の一軒家の寝室で、母の内縁の夫(継父)でIT会社の派遣社員の二岡一浩さんが、刃物で全身70か所をメッタ刺しにされて殺害されたのだ。

同日の午後、二岡さんの勤務先から、

「二岡さんが出勤していない」とイタリアで連絡を受けた母は、現場から2・4キロ離れたマンションに単身で住んでいた次男で無職の三ツ本容疑者に連絡。容疑者が自転車で駆けつけ通報したという。

警視庁田無警察署の署員が駆けつけると、「焼き切り」という手口で窓が割られていて、中は金品を物色したように荒れ放題。70か所以上、刺された二岡さんの血しぶきは天井まで届いていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.