くらし情報『『アナと雪の女王2』姉妹に学ぶ「型にはまらない」現代女性の生き方』

2019年12月14日 20:00

『アナと雪の女王2』姉妹に学ぶ「型にはまらない」現代女性の生き方

“美人か否か”“若いかおばさんか”といった尺度に始まり、“未婚か既婚か”“家庭かキャリアか”“子ナシか子アリか”など、女性同士を分断するような空気がまかり通っていました。

しかし、昨今は世界的にも『#Metoo』運動など、“女性が力を合わせて戦う”という動きが一般化してきています。アナとエルサという、見た目も性格も異なる2人の女性が、ひとつのことを成し遂げるという点は、現代社会に生きる女性たちの心をとらえるポイントになっていると思います」

また、1作目でエルサが歌っていた“ありのままで”という歌詞のように、今作ではさらに細かく、女性の生き方の多様性や、それぞれが大切にしている価値観に違いがあるということが描かれている。

■隠されたシリアスなメッセージ

「妹のアナは、クリストフという彼氏がいて、いずれ家庭を持つであろう女性として描かれています。一方で、エルサは自分のルーツを探る冒険に出て、自分自身と向き合う女性として描かれている。相変わらず“おひとりさま”ですが、それを自分自身で選んでいるんです。

お互いを認め合っていて、型にはまらない生き方を肯定しあうという部分が、これからの生き方にも非常に合っていて、共感を呼んでいるのだと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.