くらし情報『〈上智大生殺害〉23年たった今も捜査は続いていた!DNA鑑定を受けた記者が事件を追う』

2019年12月12日 08:00

〈上智大生殺害〉23年たった今も捜査は続いていた!DNA鑑定を受けた記者が事件を追う

〈上智大生殺害〉23年たった今も捜査は続いていた!DNA鑑定を受けた記者が事件を追う
在りし日の小林順子さん。才色兼備でこれからの活躍が期待される女性だった
「警視庁捜査一課です」

インターフォンのモニター画面には、そう勢いよく言った男性の姿が映し出されている。続けて警察手帳を広げて見せた。

「上智大生殺害事件の捜査でうかがいました」

■水面下で捜査続行

今年9月下旬のある日曜日。都内のマンションにいた私は、朝っぱらから何事かと思い、不審に感じてもう1度警察手帳を見せるよう求めた。だが、相手は確かに刑事のようだ。

ドアを開けると、眼鏡をかけた私服姿の刑事が立っていた。あらためて事情説明を受け、DNAサンプルの採取に協力を求められた。

「任意ですか?お断りするとどうなりますか?」

試しにそう尋ねると、刑事は答えた。

「断っていただいても大丈夫ですけど、そうすると今度は水谷さんの周りの方々にご迷惑がかかってしまいます。例えばご友人や知人の方々に、『水谷さんはどんな方ですか?』とお聞きすることになりますから」

DNA採取キットを渡され、指示されるままに協力をした。

被害者は小林順子さん(当時21歳)。上智大学外国語学部英語学科の4年生で、面識はないが、私の2年先輩に当たる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.