くらし情報『『みをつくし料理帖』主演の黒木華、“マイ和包丁”で再び作り出す江戸の味』

2019年12月13日 12:00

『みをつくし料理帖』主演の黒木華、“マイ和包丁”で再び作り出す江戸の味

『みをつくし料理帖』主演の黒木華、“マイ和包丁”で再び作り出す江戸の味
土曜ドラマ『みをつくし料理帖スペシャル』(c)NHK
2017年春に放送され好評を博した黒木華主演の連続時代劇、土曜ドラマ『みをつくし料理帖』がスペシャル版で復活(NHK総合 12月14日・21日土曜夜9時~)。

江戸で評判の料理屋で腕をふるう女料理人が主人公の人情ドラマの続編となる。キャスト、スタッフとも思い入れのある作品の見どころは―。

■料理と恋を描いた人情ドラマ

2017年春に人気を呼んだ連続ドラマのスペシャル版。大坂生まれの天涯孤独な少女が、江戸で一流の女料理人になるまでの奮闘を描いている。原作は、400万部を超える高田郁の同名小説で、主人公の澪役は、黒木華が演じる。

「時代劇好きの方だけでなく、幅広い年齢層の方に好評で、放送後も続編を熱烈に希望するお手紙やメール、再放送のお問い合わせを数多くいただいていました。

われわれスタッフもみんな“みをつくし”が大好きで、撮影が終わったとき、ぜひ続編を作りたい、と思っていました。

高田さんの原作と、前作に引き続いて脚本を手がける藤本有紀さん(『ちりとてちん』『平清盛』など)の素敵な物語のワンシーン、ワンシーンを、さらによくしたいという思いから、いろいろなアイデアを持ち寄り、スタッフの思い入れが画(え)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.