くらし情報『成田凌、タクシーの運転手を唸らせ「タダにしてあげるよ」と言わしめた“実力”』

2019年12月12日 05:00

成田凌、タクシーの運転手を唸らせ「タダにしてあげるよ」と言わしめた“実力”

成田凌、タクシーの運転手を唸らせ「タダにしてあげるよ」と言わしめた“実力”
成田凌撮影/佐藤靖彦
「オーディションに受かるかは、本当にわからなかったです。ただ、この役は絶対につかみたいと思っていました」

■活動弁士、略して活弁(カツベン)

数々の名作を生み出してきた周防正行監督の5年ぶりとなる映画『カツベン!』。100人を超える志願者の中から主役に選ばれたのが、成田凌(26)。

今作を含め、今年6本の映画が公開され、報知映画賞の助演男優賞など、すでに3つの映画賞を受賞した彼にとって初主演を飾った記念作。できあがった作品を初めて見たときの感想を聞くと、

「(自分が)いっぱい出ているなと思いました(笑)。あと、楽しいなと。お芝居をするとき、いろいろ考えてしまうことが多いんです。でも、この作品はそれをあまりしなかった。(永瀬正敏、高良健吾、竹中直人、渡辺えりなど共演者の)メンバーがいたら、僕がどうこうするなんてないですから。大船に乗らせていただきました。

それから、改めて監督を尊敬しました。撮影中、なんでここにこだわるんだろう?って疑問に思っていたことの明確な答えが映画にあったんです。

例えば、何人かの出演者が廊下を歩いたり、横切ったりするシーン。すごく気持ちのいいタイミングで役者が動いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.