くらし情報『沢尻エリカ、釈放から1ヶ月間で情状酌量をねらう“更生プログラム”の中身』

2019年12月12日 16:30

沢尻エリカ、釈放から1ヶ月間で情状酌量をねらう“更生プログラム”の中身

沢尻エリカ、釈放から1ヶ月間で情状酌量をねらう“更生プログラム”の中身
沢尻エリカ
《多くの方々を裏切ってしまったことを心の底から後悔しております。今後、違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切断つことを堅く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します》

12月6日、麻薬取締法違反の罪で逮捕された沢尻エリカ被告が保釈され、薬物と訣別する覚悟を表明した。

「11月16日に都内の自宅で合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の容疑で逮捕。取り調べに対し10年以上前からMDMAだけでなくコカインやLSD、大麻を使用していたと供述しました。家宅捜索ではLSDも押収されましたが、尿鑑定では反応が出ず陰性と判断されました」(スポーツ紙記者)

逮捕されたことを受けて、関係各所は対応に追われた。

「来年1月放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への出演が決まっていましたが、降板。代役は川口春奈さんが務めることになったものの、放送開始日が1月5日から19日に延期されました。さらに、出演していた5本のテレビCMの降板も免れず、一部のメディアでは違約金は5億円ほどになるとも報じられています」(同・スポーツ紙記者)

■有罪に持ち込むための“客観的証拠”

沢尻被告に想定される量刑について『弁護士法人・響』の西川研一代表弁護士は、

「営利目的でなければ、量刑は1年から1年6か月、執行猶予は3年程度。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.