くらし情報『『スカーレット』、戸田恵梨香が熱演する“生活者”としての浮かれない生き方』

2019年12月14日 08:00

『スカーレット』、戸田恵梨香が熱演する“生活者”としての浮かれない生き方

『スカーレット』、戸田恵梨香が熱演する“生活者”としての浮かれない生き方
連続テレビ小説『スカーレット』(c)NHK
絶好調の連続テレビ小説『スカーレット』。戸田恵梨香演じるヒロイン・川原喜美子が、陶芸の魅力に魅せられ、物語はさらに加速していく。ドラマの誕生からかかわる制作統括・内田ゆき氏と、チーフ演出を務める中島由貴氏に、撮影の裏話から見どころまで、まるっと解説していただきました!

■描きたかった“朝ドラ”

「これまで“朝ドラ”にはさまざまな主人公がいましたが、私がやりたいのは人生の一時期だけを描くのではなく、半生を描いた作品。また、誰かを助ける人ももちろん素敵ですが、自分の手で何かを成し遂げる人をやりたいと。

今回は陶芸家ということで、喜美子自身が自分の手で作品を作り上げ、しかも焼き上がりを見たら予想外の色になっていることもある。まるで陶芸とは、人生のようだなと思ったんです」(内田ゆき制作統括、以下、内田)

■“生活者”へのこだわり

「陶芸家になるお話なので、普通は芸術家っぽい展開になりがちだとは思うんですが、今作ではなるべく“生活者”としての描写を大切にしたいと考えています。例えば会話しているシーンでも、ただ立って話しているのではなくて、何か作業をしながら話すなど、日常を生きている人を描く、ということに重きを置いています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.