くらし情報『『スカーレット』、戸田恵梨香が熱演する“生活者”としての浮かれない生き方』

2019年12月14日 08:00

『スカーレット』、戸田恵梨香が熱演する“生活者”としての浮かれない生き方

才能だけで、周りから上げ膳据え膳され生きてきた主人公を描くのではなく、日々の生きざまや人間関係など、ディテールをより丁寧に作ろうと」(中島由貴チーフ演出、以下、中島)

■印象に残っているシーン

「私はそれぞれの家族のシーンがとても好きですね。川原家はもちろん、信作の大野家や照子の熊谷家など、周辺家族の親の職業や子どもたちの環境がこまやかに描かれることによって、より川原家も豊かに表現されているんです。メインストーリーにはかかわらなくても、彼らがいるからこそ、喜美子がより輝くのかなと思います」(内田)

「クランクインが琵琶湖でのシーンだったんですが、雪が降ってきてしまって、撮影を一時中断したんです。そのときに、北村(一輝)さんと富田(靖子)さんが、ほぼドラマが初めての子役さんたちと仲よくなって、子どもたちの心をほぐしてくださったのがすごく印象的でした。

また、喜美子が大阪に行ってしまう前に風呂焚きをしながらお父さんと話すシーンは、あまりにも感動してしまって、撮影直後に戸田(恵梨香)さんに“すごくよかったよ!”と声をかけてしまうほどでした」(中島)
■ドラマの中でリアルを描く、喜美子の魅力

「“朝ドラ”の主人公では珍しく、リアリストなところ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.