くらし情報『《川口いじめ裁判》市教委・学校・警察、大人がウソをつく異常事態、17歳被害者の叫び』

2019年12月23日 04:00

《川口いじめ裁判》市教委・学校・警察、大人がウソをつく異常事態、17歳被害者の叫び

《川口いじめ裁判》市教委・学校・警察、大人がウソをつく異常事態、17歳被害者の叫び
高校2年生になった被害者。中学の卒業証書はいまだに手元にない
「学校や教育委員会は、もうウソはつかないでほしい」

静かな口調でそう訴えるのは、埼玉県川口市の高校2年生の被害者(17)。同市立A中学入学当初から、入部したサッカー部員にいじめを受け、部員全員が入るLINEからひとりだけ省かれ、無視や暴力。さらに顧問による体罰が加わり、不登校に陥った。

■「川口市教育委員会は異常」

学校に窮状を訴えたが、問題を軽視され、偏見や噂、中傷が拡大。2年生の秋、2016年9月には自傷行為を起こすまで追い詰められてしまった。

市の不適切な対応に、母親らは’17年6月に550万円の損害賠償を求め提訴。’18年1月にはいじめの記録の開示を求め裁判を起こした(損害賠償100万円)ことはすでに週刊女性でも報じている。

教育評論家の尾木直樹氏は、

「これは最悪、法治国家とは思えない。川口(市教育委員会)は異常」

とバッサリ。その損害賠償訴訟の口頭弁論で、市は「法律(いじめ防止対策推進法)として整合性を欠き(中略)欠陥がある」と、国が定めた法律を真っ向から批判した。

教育問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士は、

「本人がいじめといえば、何らかの対応をするというのがこの法律です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.