くらし情報『『モトカレマニア』打ち上げで盛り上がる“90年代カラオケ”! 替え歌でイジられまくるメンディー』

2019年12月16日 17:00

『モトカレマニア』打ち上げで盛り上がる“90年代カラオケ”! 替え歌でイジられまくるメンディー

『モトカレマニア』打ち上げで盛り上がる“90年代カラオケ”! 替え歌でイジられまくるメンディー
’19年ドラマ『モトカレマニア』の打ち上げに参加した高良健吾
年の瀬で賑わう12月中旬の表参道。大通りに面したレストランでこの日、ドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の打ち上げが行われた。

「『モトカレマニア』は女性向け漫画が原作。新木優子さんが演じる主人公は、高良健吾さん演じる元カレとの恋愛を引きずっている恋愛下手な女性。その2人が偶然、同じ職場で働くことになるというラブコメディです。劇中では恋愛における“あるあるネタ”が豊富に散りばめられていて、多くの女性が共感できる作品になっていました」(テレビ誌ライター)

夜7時ごろ、会場には主演の新木と高良のほか、関口メンディーや小手伸也、浜野謙太やガンバレルーヤのよしこ、森田甘路などが会場入り。ほどなくして宴がスタートした。

■新木優子へのサプライズ演出も

「このドラマは新木さんと高良さんのW主演。新木さんにとっては初の地上波ドラマということもあり、かなりプレッシャーを感じていたかと思いますが見事に期待に応えていましたね。役者もスタッフも和気あいあいとした現場でしたよ」(フジテレビ関係者)

現場と同じように会場も和やかな雰囲気だったようだが、特に盛り上がったのは、新木の締めのスピーチだったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.