くらし情報『恩田陸、『蜜蜂と遠雷』スピンオフ作品に込めた思いと全身脱毛症に苦しんだ過去』

2019年12月23日 07:00

恩田陸、『蜜蜂と遠雷』スピンオフ作品に込めた思いと全身脱毛症に苦しんだ過去

恩田陸、『蜜蜂と遠雷』スピンオフ作品に込めた思いと全身脱毛症に苦しんだ過去
恩田陸さん撮影/山田智絵
2017年、直木賞と本屋大賞を史上初めてダブル受賞したのが恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』だった。舞台は3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。

養蜂家の父親とともに世界を転々とするピアノを持たない16歳の風間塵(かざま・じん)、かつて天才少女として名を馳せたものの長らくピアノを弾けなかった20歳の栄伝亜夜(えいでん・あや)、ジュリアード音楽院に在籍しエリートコースを突き進む19歳のマサル・C・レヴィ・アナトールなど、多くの天才たちの才能と運命を音楽とともに描いた青春群像小説だ。

■ファンにはたまらないスピンオフ短編集

最新刊の『祝祭と予感』は、『蜜蜂と遠雷』の登場人物たちの過去や未来がわかるスピンオフ短編小説となっている。

「『蜜蜂と遠雷』では、ピアノの演奏シーンを描くのにすごく苦労したんです。それだけにやり尽くした感がありました。だから、スピンオフ小説では登場人物たちの背景を描いていこうと思ったんです」

『祝祭と予感』には6つの物語が収録されている。例えば、「祝祭と掃苔(そうたい)」はコンクール後の塵と亜夜、マサルが、亜夜とマサルのピアノの恩師の墓参りをするストーリーだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.