くらし情報『離婚を切り出された男性、結婚前にフラれた女性、両者に共通する「人生の後退」』

2020年1月3日 21:00

離婚を切り出された男性、結婚前にフラれた女性、両者に共通する「人生の後退」

清水焼って高いんだよね。割ったら大変だなぁ』と。すべてがそういう受け答えになるんですよ。だから会話をしていても楽しくなかったし、毎回、嫌な気分になっていました」

また、朝起きてカーテンを開けたときに、どんな天気でも必ずマイナスな言葉を発するのだとか。雨だと「雨の日って鬱陶しいよね。いつまで降るんだろう」、サンサンと晴れていると「今日は日焼けするな。汗もかくし嫌だな〜」、曇っている日は「湿度が高くで、ムシムシするな〜」という具合だったそう。

小百合さんは、私に言いました。

「その日の天気って、人の力では変えられないですよね。どうにもならないことに、文句を言っても仕方ないじゃないですか。最初は『恵の雨っていうじゃない?』とか、『日焼けしないように帽子をかぶって行ったら?最近は日傘男子とかいうのも流行っているらしいよ』とか、『私乾燥肌だから、湿度が高いほうが肌の調子がいいわ』とか、なるべく会話をいい方向に持っていこうとしていたんです。でも、次に返ってくるのがまたマイナス発言。一緒に生活していくうちに、私も会話をすることに疲れてきて、彼が何を言ってもスルーするようになりました」

新婚生活が始まって3か月後には、自分が早く帰宅したときには先に夕食をすませてお風呂に入って寝室へ、洋介さんが先に帰宅していたときには、手早く夕食を作り、会話もなくさっさと食べて、別行動。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.