くらし情報『離婚を切り出された男性、結婚前にフラれた女性、両者に共通する「人生の後退」』

2020年1月3日 21:00

離婚を切り出された男性、結婚前にフラれた女性、両者に共通する「人生の後退」

ひとつ屋根の下で暮らしていながらも、なるべく一緒にいる時間を少なくするようになっていったそうです。

あるとき、実家の母親が足を骨折をして、入院することに。その様子を見に帰省し、2泊3日の実家暮らしをしたときに心身ともにのびのびして、食事もおいしく、晴れやかな気持ちになったといいます。

「自宅に帰らないといけない日の朝、気持ちがグッタリして、布団から起き上がることができなかった。“やっと結婚できたのだから”と、結婚生活にしがみついていたけれど、身体は正直でした」

精神的に限界にきていると感じ、自宅に戻ったあと、洋介さんに離婚を切り出しました。彼は、青天の霹靂。いきなりの離婚話に納得しなかったそうですが、1か月話し合って、離婚が成立したそうです。

「再婚する相手は、プラス思考の人がいいです。そのほうが同じ時間を過ごしても楽しいはずですから」

小百合さんは、しみじみと言いました。

■結果がうまくいかないと、人のせいにする

正造さん(37歳、仮名)は、裕美さん(35歳、仮名)と真剣交際に入って3か月になり、そろそろ結婚するかどうかを決める時期にさしかかっていました。しかし、正造さんから、「悩んだのですが、交際は終了にしようと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.