くらし情報『石橋保の愛息、 ひっそりと俳優デビュー! 菅田将暉主演の映画で助監督務めた過去も』

2019年12月23日 16:00

石橋保の愛息、 ひっそりと俳優デビュー! 菅田将暉主演の映画で助監督務めた過去も

石橋保の愛息、 ひっそりと俳優デビュー! 菅田将暉主演の映画で助監督務めた過去も
石橋侑大
「石橋保さんの息子さんが、今年8月公開の映画でひそかに俳優デビューしたそうです」

またもや2世俳優誕生のニュースが舞い込んできた!

■映画『あゝ、荒野』の助監督経験も

石橋といえば、’90年代に最高視聴率32・6%を記録して大ヒットしたドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ系)への出演で知名度を上げ、現在も精力的にドラマや映画に出演している実力派俳優。

「公表はしていないのですが、石橋さんには息子がいて、“石橋侑大(ゆうだい)”という名前で映画活動をしているんです。もともとは映画監督を目指していて、幅広いクリエイターを育成する教育施設『バンタンデザイン研究所』の映画映像学部を卒業しています。

在学中から、いくつかの映画で助監督も務めていました。’17年公開の菅田将暉主演映画『あゝ、荒野』にも“石橋さんの息子なら”という製作陣からの計らいで、助監督を任されたんですよ」(映画製作関係者)

数本の助監督を経験しつつも、父親と同じく俳優活動を始めたのはなぜなのか?

「俳優デビューしたのは『アノコノシタタリ』という映画なのですが、そのきっかけは助監督を務めていた撮影現場で知り合った俳優たちや、監督からのすすめを受けたことだそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.