くらし情報『あおり運転・宮崎容疑者と“ガラケー女”の愛の巣がピンチ、手をつなげぬ2人の行先』

2019年12月24日 21:00

あおり運転・宮崎容疑者と“ガラケー女”の愛の巣がピンチ、手をつなげぬ2人の行先

あおり運転・宮崎容疑者と“ガラケー女”の愛の巣がピンチ、手をつなげぬ2人の行先
交際していた女性は姿を消した(※一部モザイク加工しています)
「もしこの先、罪を償ったとしても、もう大阪には住まれへんとちゃうか。母親は亡くなっとるし、お姉さんは距離を置いとるようだし、友達もいてへんから」

と地元の男性は言う。

茨城県守谷市の常磐自動車道で’19年8月、前を走る車をあおって無理やり停車させ運転手の男性を「殺すぞ」などと恫喝。何発も殴って傷害容疑で逮捕された大阪市出身の会社役員・宮崎文夫容疑者(44)のことだ。

傷害容疑は処分保留とされたが、強要罪で再逮捕。刑事責任能力を調べる鑑定留置の期限が12月23日までとなっており、先行きが注目される。

■先に釈放された女性の行方

しかし、鑑定がどう転んだとしても、宮崎容疑者にとって重大事態が起こっていた。

「遺産として姉らと分割相続した大阪市東住吉区の7階建てマンションについて、宮崎容疑者の持ち分が差し押さえられたんですわ。大阪地裁が11月に強制競売の開始を決め、粛々と手続きが進んでいる。このまま売られたら、自宅にしとる最上階のペントハウスから退去せにゃならん」

とマンション関係者。

宮崎容疑者は、このマンションに恋愛相手を住まわせるなど好き勝手に使ってきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.