くらし情報『悠仁さま“刃物事件”から8か月、警備体制が元に戻ったのは秋篠宮さまのご意向か』

2019年12月29日 21:00

悠仁さま“刃物事件”から8か月、警備体制が元に戻ったのは秋篠宮さまのご意向か

悠仁さま“刃物事件”から8か月、警備体制が元に戻ったのは秋篠宮さまのご意向か
秋篠宮さま、悠仁さま
「秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われている学校の机に刃物が置かれていた事件で、長谷川薫容疑者の初公判が東京地裁で’20年1月9日に行われることが決まりました」(全国紙社会部記者)

4月26日に東京都文京区にある『お茶の水女子大学附属中学校』に侵入した疑いで、同月の29日に逮捕された長谷川容疑者。

「果物ナイフ2本をアルミ製の棒の先にくくりつけて、槍(やり)を模したような刃物を悠仁さまの机に置いて立ち去りました。その刃はピンク色に塗られており、不気味なメッセージをにおわせていたのです」(同・全国紙社会部記者)

7月末に東京地検で起訴された容疑者は取り調べに対して「(悠仁さまを)刺そうと思った」と供述したことに加え、「天皇制や、皇位継承のあり方に不満があった」という。

■学校側の警備体制はどう変わったのか

詳しい動機は初公判で明らかになるだろうが、気になるのは学校側の警備体制だ。

「容疑者は黄色いヘルメットに作業着姿で水道工事業者を装って侵入しましたが、誰にも気づかれることなく、悠仁さまの教室まで行き着くことができたのは非常に問題だと思います」(宮内庁関係者)

将来的に、天皇に即位される悠仁さまの警備にぬかりがあってはならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.