くらし情報『木下優樹菜の攻撃相手、タピオカ店オーナーがやんわり匂わせた「法廷闘争」』

2019年12月25日 21:00

木下優樹菜の攻撃相手、タピオカ店オーナーがやんわり匂わせた「法廷闘争」

木下優樹菜の攻撃相手、タピオカ店オーナーがやんわり匂わせた「法廷闘争」
木下優樹菜
ママタレントとして人気を集めていた木下優樹菜(32)にとって、今年は苦難の年になった。

「10月に、実の姉が勤務していたタピオカ店のオーナー女性にツイッターで《ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?》《事務所総出でやりますね》など、恫喝めいたメッセージを送っていたことが発覚し、ネットで炎上しました」(スポーツ紙記者)

その後、自身のSNSで騒動を謝罪したが、批判はおさまらず、11月18日には所属事務所が当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表した。

■高級スーパーで目撃された木下優樹菜

一部のメディアでは木下が憔悴して激やせしたとも報じられたが、休止を発表した数日後の11月中旬の夕方には、都内の高級スーパーで真逆の姿が目撃されていた。

「ママ友らしき女性3~4人と買い物をしていましたよ。特に落ち込んだ様子もなく、終始、楽しそうに話していました。騒動の前からこのスーパーで彼女の姿をよく見ますが、いつもと変わらず、特にやせた印象も受けませんでしたよ」(目撃した女性)

芸能活動ができなくなったショックはあったのだろうが、いつまでも引きずってはいないようだ。

「スーパーの近くの公園で友達と一緒にお茶を飲みながら立ち話もしていましたよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.