くらし情報『飯島直子の自嘲が悲しい、“路チュー夫”の苦しい言い訳と“路チュー彼女”の現状』

2019年12月26日 21:00

飯島直子の自嘲が悲しい、“路チュー夫”の苦しい言い訳と“路チュー彼女”の現状

飯島直子の自嘲が悲しい、“路チュー夫”の苦しい言い訳と“路チュー彼女”の現状
飯島直子
「飯島さんは不倫報道の直後に出演したバラエティー番組で“(自分は)バツ2かと思った”と自嘲ぎみに話しています。そのときはウケを狙っていましたが、内心は傷ついていたんじゃないでしょうかね」(テレビ局関係者)

今年10月、週刊女性は飯島直子(51)の夫であるO氏と舞台女優の平塚真由の1年にわたる不倫を報じた。

「飯島さんは’97年にTUBEのボーカル前田亘輝さんと結婚するも’01年に離婚。その後ホストと交際したのですが、3億円以上貢いだ末に破局するなどプライベートで不幸が続きました。次に付き合ったのが、不動産会社を経営する1歳上のOさんでした」(スポーツ紙記者)

ふたりは3年にわたる交際を経て’12年のクリスマスに結婚。飯島は芸能活動をセーブし、夫を献身的に支えていたのだが……。

「’18年にOさんが、都内のガールズバーで平塚さんと知り合い親密になりました。それからは、たびたび彼女のマンションに出入りしていたみたいですね」(O氏の知人)

交際当初こそ、周囲を警戒していたようだが、時間の経過とともに行動が大胆に。外を歩くときにも堂々と腕を組んだり、“路チュー”をしたりなんてこともあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.