くらし情報『元農水次官の長男刺殺事件、妻は息子“殺害現場”に里心「ついつい……」』

2019年12月27日 05:00

元農水次官の長男刺殺事件、妻は息子“殺害現場”に里心「ついつい……」

元農水次官の長男刺殺事件、妻は息子“殺害現場”に里心「ついつい……」
東京拘置所から出る熊澤英昭被告
「被告人を懲役6年に処する」──。

’19年12月16日、東京地裁で長男を殺した罪に問われていた裁判員裁判で熊澤英昭被告は、判決に粛々と聞き入っていた。

元農林水産省事務次官で、チェコ大使も務めたエリートが起こした凄惨な事件は、長期にわたり引きこもっていた男が、無差別に小学校の児童ら20人を殺傷したカリタス事件から4日後の、6月1日のことだった──。

■事件の真相が明らかに

ひとり暮らしで引きこもりネットゲームにハマっていた長男・熊澤英一郎さん(41)は、’19年5月に東京・練馬区の実家に戻った。ところが、25年ぶりに両親と同居するようになった直後から、

「うるさい! 殺すぞ!」

などと暴言を吐き、暴力をふるうようになった。

このころに被告は、「自分がやらなければ、やられる」と思ったと裁判で告白。

当初は「運動会の音がうるせぇ。子どもらをぶっ殺すぞ!」と英一郎さんが近隣の小学校の運動会の騒音に文句を言い、被告にカリタスの事件がよぎったとされていた。

ただ、今まで被告へはなかった暴力が始まったことによる恐怖で、徐々に犯行を決意するようになったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.