くらし情報『中央学院大、台風でグラウンドが4m冠水するも箱根駅伝は「負けるわけにいかない」』

2019年12月25日 08:00

中央学院大、台風でグラウンドが4m冠水するも箱根駅伝は「負けるわけにいかない」

中央学院大、台風でグラウンドが4m冠水するも箱根駅伝は「負けるわけにいかない」
水没直後の中央学院大学のグラウンド。11月下旬までは消毒中だった(写真は同校提供)
箱根駅伝に20回出場、うちシード権を10回獲得。過去最高順位は3位。中央学院大学は、まぎれもなく箱根駅伝の常連校だ。

■冠水したグラウンドを目にして、呆然

10月12日、台風19号が関東を直撃し、各地に凄惨な爪痕を残した。

「うちのグラウンドは利根川の堤防の内側にあるんです。台風直撃の日は練習は中止となり、寮で過ごしていました。翌朝、いつもどおり練習をするつもりでいたところ、グラウンドの様子を見に行ったマネージャーから衝撃画像を見せられました……」

と、有馬圭哉主将は話す。一夜にして、いつもの練習場所は大海原に。千葉県我孫子市にある同校駅伝部のグラウンドは4mの冠水被害を受けた。

「ただただびっくりというか、こんなことが起きるのか……と。これまで何度も台風はきてましたが、我孫子の被害はゼロだったので。本当に、予想だにしていませんでした」

利根川からの水に加え、下水も流れ込んだ。水は数日で引いたものの、泥や堆積物でグラウンドは真っ黒。年内復旧は難しいと報じられていた。

「“これからどうやって練習していこう?”、まず最初に浮かんだのはそれでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.