くらし情報『木下優樹菜、タピオカ騒動で露呈した「甘すぎる認識」と令和「告発時代」の到来』

2019年12月29日 20:00

木下優樹菜、タピオカ騒動で露呈した「甘すぎる認識」と令和「告発時代」の到来

昭和や平成は、非のうちどころのない芸能人がスターとして愛されましたが、令和は「好きな人もいるけど、アンチも多数」の人のほうがウケるのかもしれません。

(3)田中みな実
肩書ボーダレスの時代
放送局の女子アナがフリーになることは昔からありますが、フリー転身後もアナウンサーの仕事をすることが当たり前と思われてきました。しかし、もうそういう時代は終わったのかもしれません。

元TBSアナウンサー・田中みな実はぶりっ子キャラとして人気を博し、2014年フリーに。独立後はぶりっ子キャラとともにバラエティーでの“嫌われ役”や“少しメンタル不安定キャラ”で売っていましたが、2019年は美容家顔負けの知識を披露して女性誌に引っ張りだこになり、女優デビューも果たしています。12月に発売したセクシーショットを含めた初写真集『Sincerely yours…』(宝島社)は初週で10.4万部を売り上げ、23日付オリコン週間BOOKランキング1位を獲得するなど絶好調です。

ぶりっ子キャラは、男性ウケはいいかもしれませんが女性には好かれない、ひいては自分のアナウンサー寿命を短くしてしまうという意味でリスクがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.