くらし情報『『紅白』打ち上げで “ギャラ” に言及、ビートたけしの爆笑&衝撃スピーチ』

2020年1月7日 11:00

『紅白』打ち上げで “ギャラ” に言及、ビートたけしの爆笑&衝撃スピーチ

『紅白』打ち上げで “ギャラ” に言及、ビートたけしの爆笑&衝撃スピーチ
紅白登場は18年ぶり。歌手としては初出場のビートたけし
昨年の大みそかに行われた『NHK紅白歌合戦』。“限界突破”しちゃった氷川きよしやレコード大賞受賞の5人組・Foorinが視聴者の話題と期待を集めたが、終わってみれば視聴率は37・3%と過去最低を限界突破。

「“目玉”がなかったのが原因でしょう。サザンオールスターズや米津玄師といった大物が顔をそろえた’18年や、安室奈美恵のラスト出演があった’17年に比べて、見劣りする印象は否めなかったですから」(スポーツ紙記者)

■ものまね紅白かと思った

そんな手厳しい視線を知ってか知らずか、白組トップバッターとして気を吐いたのが今年65歳になる郷ひろみ。

「『2億4千万の瞳』を会場外のロビーから歌い始めると、ステージまでラグビーボールを持って全力疾走し最後は客席にトライ。年齢を感じさせないステージはさすがでした」(同・スポーツ紙記者)

テーマが『東京五輪』ということで、バックダンサーたちも各競技のユニフォームを着るというこだわりようだったのだが、それに交じって有名アスリートのものまね芸人たちが出演する演出も。

「出演オファーが来たのは12月の初めごろでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.