くらし情報『中山美穂、無理をしていたアイドル時代から「いまは、いい具合で自由になった」』

2020年1月12日 08:00

中山美穂、無理をしていたアイドル時代から「いまは、いい具合で自由になった」

中山美穂、無理をしていたアイドル時代から「いまは、いい具合で自由になった」
中山美穂撮影/廣瀬靖士
「しばらく仕事から離れていた時期がありまして、“もう、やらないんだろうな”という印象を持たれていたんじゃないかと思うんです。だから、積極的にやりますよ!っていう姿勢を見せたくて(笑)」

映画『蝶の眠り』で演じた遺伝性アルツハイマー病に侵された人気作家や、ドラマ『黄昏流星群』での娘の婚約者に惹かれてしまう母親。そして、昨年10月に公開された映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』では、年下ダンサーと浮気する妻を演じるなど、ここ数年、刺激的な役柄にも果敢に挑戦を続けている中山美穂(49)。

■出演作は客観的に見たい

「若いころと違って幅の広い役をいただける。それが、楽しいんです。よい作品、よい監督、よい脚本というのがいちばんで、そう感じる作品ならなんでも引き受けたい」

そう語る中山がWOWOW『連続ドラマW彼らを見ればわかること』で演じるのは、再婚相手とともに、ひとり息子を育てながら人気レディコミ漫画家としての顔も持つ百々子。ひとつのマンションに住む3人の女性と、3組の家族。それぞれが抱える事情や欲望、現代社会の家族像をリアルに描く。

「今回、ちょっと特別な撮り方をしているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.