くらし情報『有名人“第2の人生”の幸福度「ジャンルや土地を変え奮闘中、年収激減しても後悔なし」』

2020年1月7日 08:00

有名人“第2の人生”の幸福度「ジャンルや土地を変え奮闘中、年収激減しても後悔なし」

■アイドルや俳優も次々と第2の道を

アイドル系の引退としては、ももちこと嗣永(つぐなが)桃子にも驚かされた。芸能活動と並行して、大学にも通い、今後は幼児教育の道に進むとして、15年間在籍したハロー!プロジェクトを卒業した。

そして現在、彼女と同じ方向を目指しているかもしれないのが、大橋のぞみだ。ジブリ映画『崖の上のポニョ』の主題歌を歌って大ブレイクした子役だが、当時から、

「友達にドラマを見たよって言われるのも本当は嫌。だって恥ずかしいから」

とインタビューで語るほど、芸能人とは思えない恥ずかしがり屋だった。小学校卒業を機に学業優先を理由に引退したあと、今ではハタチに成長。そんな彼女が、将来の夢に挙げていたのが「保育園の先生」なのである。

男性アイドルでは、記憶に新しいのがタッキーこと滝沢秀明。アイドルを引退して、ジャニーズ事務所の副社長に就任という決断は、かつての森且行(オートレーサーに転身)や小原裕貴(広告代理店就職)と比べてもレアケースだ。

そのほか、難病を患った坂口憲二がコーヒー焙煎士を第2の人生に選んだり、水嶋ヒロが作家を経て料理ユーチューバーになったり、ジェロが歌をやめてIT企業に就職したりと、セカンドステージもさまざまである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.