くらし情報『15回転職の坂本一生「最近の芸能人は精神的に弱い人が増えたなって思います」』

2020年1月9日 05:00

15回転職の坂本一生「最近の芸能人は精神的に弱い人が増えたなって思います」

15回転職の坂本一生「最近の芸能人は精神的に弱い人が増えたなって思います」
坂本一生
「セカンドキャリアどころかフィフティーンキャリアですよ」

そう豪快に笑うのは、坂本一生。’93年、“新加勢大周”の名でデビューし、その後、坂本一生に改名。肉体派タレントとして活躍するも、浮き沈みの激しい芸能界の荒波に飲まれ、ホスト、探偵、便利屋などの仕事を転々とした。その数、なんと15回!ある意味、芸能人キャリア論の生き字引的存在と言えるかもしれない。

■前職は「告発したりないくらい(苦笑)」

「芸能にしがみついていると正社員にはなれません。融通のきくバイトをするしかないんです」と、のっけから「なるほど」とうなってしまうほど言葉に力があるから、さすがすぎる。

「いろいろな仕事をしましたが、印象に残っているのは鳶職人かな。 国家資格である、足場の組み立てなど作業主任者も取得したんだけど、雨の日に足場から転落してあごを骨折……1か月間、流動食しか食べれなかったなぁ。あと、陸送の仕事をしていたときは、徒歩で移動中に車にはねられて足を骨折。それが原因でクラッチを踏めなくなって辞めざるをえなかった。15回転職しているのには、それなりに理由があるんです!(笑)」

前職である『便利屋!お助け本舗』の取締役時代を振り返り、「体(てい)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.