くらし情報『1億円の借金返した林マヤ、今は“芸農人”「自分の畑がパリ・コレのように見える!」』

2020年1月10日 08:00

1億円の借金返した林マヤ、今は“芸農人”「自分の畑がパリ・コレのように見える!」

1億円の借金返した林マヤ、今は“芸農人”「自分の畑がパリ・コレのように見える!」
林マヤ
パリ・コレモデルとしてデビューし、華やかな芸能生活を送っていた林マヤ。しかし、散財の結果、借金はなんと1億円に(!!)。

ポスティングなどアルバイトを4つ掛け持ちし、17年ほどかけて完済した後、’09年に茨城県守谷市に移住。現在は芸農人として、夫・笛風呂タオス氏とともに、2400平方メートルの畑で、年間約120種のレアべジ(珍しい野菜)を作るなど、芸能と農耕の二足のわらじを展開中だ。

■一歩じゃなくて二歩踏み出す気持ちで

「身体と心の健康を取り戻すために始めた野菜作りだったのですが、気がつくと見事にハマっていました。愛情を注いだ野菜って、それぞれ形も違えば、味も違う。自分で育てて、目で見て、手で触って、料理をする……色鮮やかなレアべジが育つと、私には自分の畑がパリ・コレのように見える!(笑)今年の春コレクションはどんな野菜を育てようかなって楽しみが尽きないんです」

当初は、都会とのギャップに四苦八苦したと振り返る。

「ダーリンは東京育ちだったので、最初の3か月ぐらいは“都落ちだ”って落ち込んでいた(苦笑)。公共機関が少ない、コンビニが少ない、都会では当たり前のことが、ここでは当たり前じゃない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.