くらし情報『性依存症に陥るのは“遊び人”だけじゃない、加害者・被害者がハマる意外な理由』

2020年1月17日 08:00

性依存症に陥るのは“遊び人”だけじゃない、加害者・被害者がハマる意外な理由

性依存症に陥るのは“遊び人”だけじゃない、加害者・被害者がハマる意外な理由
※写真はイメージです
性的な行動への依存は、俗に「性依存症」「セックス依存症」と呼ばれているが、世界保健機関の診断基準(ICD)では「性嗜好の障害」に分類される。痴漢や盗撮を繰り返すなど加害者になる一方、性暴力の被害者になることもある。

性依存は、依存症の中でもなかなか理解されにくい。加害も被害も“好きでやっている”と思われがちだ。

■性依存傾向の人は生きにくさを感じていがち

公務員の鈴木貴男さん(仮名=20代)は盗撮を繰り返し、3回目の逮捕で常習として処分された。駅構内で女性利用客のスカート内をスマートフォンで撮影、大阪府迷惑防止条例違反に問われたのだ。このとき西谷裕子弁護士とつながった。

西谷弁護士は鈴木さんのケースで医師の診断までは求めなかったが、ICDで盗撮は「窃視(せっし)症」という精神疾患に分類される。

西谷弁護士は、もともと罪を犯した人を一般社会に更生させる「更生保護」に関心があった。実践する過程で「治療的司法」にたどり着いたという。犯罪の背景や原因に、福祉や医療の不足や、被疑者に依存症などの問題がある場合、刑罰を中心にするのではなく医療や福祉、心理との連携によって再犯防止や更生を支援していく考え方だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.