くらし情報『吉高由里子、『知らなくていいコト』プロデューサーが語る「人間力」』

2020年1月15日 16:00

吉高由里子、『知らなくていいコト』プロデューサーが語る「人間力」

吉高由里子、『知らなくていいコト』プロデューサーが語る「人間力」
『知らなくていいコト』(c)日本テレビ
週刊誌の敏腕女性記者が、出自の新事実とどう向き合うのか、葛藤&奮闘する姿を描いた吉高由里子主演&大石静脚本によるオリジナル作、水曜ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系 水曜夜10時~)。

『ハケンの品格』『家売るオンナ』などのお仕事ドラマを輩出した“水10”で、お仕事系ヒューマンドラマと銘打った新機軸に迫る―。

■ベテランがメインの“お仕事ドラマ”

日テレ系“お仕事ドラマ”枠に異色作が登場。主演は吉高由里子。脚本は『家売るオンナ』などのヒットメーカー、大石静のオリジナル作。

吉高が演じるヒロインのケイトは、政治家の不正から芸能人のスキャンダルまでスクープを飛ばす“週刊イースト”の敏腕女性記者。仕事も恋も絶好調だったが、シングルマザーの母(秋吉久美子)が急死する間際に、ケイトの父親の素性を明かし、ケイトの人生は大きく変わっていく。

吉高が「水曜10時のドラマ(お仕事ドラマ)とは、またひと味違った作品になりそう」と、コメントする今作は“お仕事系ヒューマンドラマ”と銘打っている。

「吉高さんは何作も“お仕事ドラマ”に主演しているので、ちょっと違ったものをやりたいと思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.