くらし情報『篠田節子、乳がん手術と母の認知症に追われながら綴った闘病生活と介護の“リアル”』

2020年1月20日 08:00

篠田節子、乳がん手術と母の認知症に追われながら綴った闘病生活と介護の“リアル”

篠田節子、乳がん手術と母の認知症に追われながら綴った闘病生活と介護の“リアル”
篠田節子さん撮影/矢島泰輔
一昨年4月、ステージ1~2の乳がんで右乳房の全摘出手術をし、同年11月に無事その乳房再建を果たした、小説家の篠田節子さん。その最中にも認知症のお母様の介護、小説家としての本業を同時進行させていたのは驚きです。

でも、もっと驚きなのは、その一部始終を綴ったこの本にまるで悲壮感がないこと。むしろテンポよくユーモア漂う文章で全体が構成されています。それは努めた部分なのでしょうか?

■巷にあふれているがんの話と違う

「いえいえ、特にそんなことはありません。いたってまじめに書いたんですけど、ステージ1~2ですし、“私死ぬの?”ってことはなかったので自然にこうなりました」

でも、そもそもフィクションの小説家である篠田さんが、なぜ自身の病気や介護のエッセイを書こうと思われたのでしょうか?

「一昨年発売した小説『鏡の背面』と関係があります。ちょうど検査だ入院だとなっているころに見本ができてきたんです。単行本を出すとたいてい出版社が特集を組んでくれるんですね。それでなんとなく調子に乗って“がんから生還しました系”の短いエッセイを書いちゃおうかな、と言ってしまったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.