くらし情報『GENKINGが“LGBTブーム”を考える「カミングアウトなんてする必要ない」』

2020年1月26日 13:00

GENKINGが“LGBTブーム”を考える「カミングアウトなんてする必要ない」

沙奈「女の子になるタイミングで休みたかったし、休もうと思って休みました。そのときは“気ままに自由にやってこう”って思っていました。でも、それは甘かったなって思います。あれだけガンガン出てた時は“休みたい!”って思っていましたけど。やっぱり芸能界て次から次へと新しい子が出てくるので休んでちゃダメだなって。自分の居場所がいつまでもある訳じゃないって思いました。あとは、休みがあり続けると“仕事したい”ってなりますね」

しげる「そうだね~!! まさに、隣の芝生は青く見えるってことだよね」

沙奈「そう。ないものねだりだなんだよね」

■「私はLGBTを卒業しました」

しげる「2年前の年末に仕事(ミス・ユニバース世界大会)でタイに行ったのネッ。世界的に歴史のあるミスコンってカテゴリーの大会」

沙奈「ミス・ユニバース?普通の女の子の?」

しげる「そう、それ!2年前のミス・ユニバース世界大会ではスペイン代表が初のLGBTの方だったの、戸籍が女性になっていたので出場できたと記憶しているんだけど。それでもスペインの代表に選ばれるってすごい事だと思わない?並大抵な努力ではなかったと思うのよね~。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.