くらし情報『ブロードウェイ作品で詐欺師を熱演、相葉裕樹が舞台で感じた「偉大な力」』

2020年1月25日 11:00

ブロードウェイ作品で詐欺師を熱演、相葉裕樹が舞台で感じた「偉大な力」

ブロードウェイ作品で詐欺師を熱演、相葉裕樹が舞台で感じた「偉大な力」
相葉裕樹撮影/山田智絵
ブロードウェイで昨年3月まで2年間ロングラン上演されたミュージカル『アナスタシア』が、この3月に日本人キャストで初上演される。

今作は、帝政ロシア時代最後の皇帝ロマノフ2世の末娘アナスタシアが一族殺害の難を逃れて生き続けたという歴史上の謎「アナスタシア伝説」に基づいた物語で、第70回アカデミー賞の歌曲賞&作曲賞にノミネートされたアニメ映画『アナスタシア』に着想を得て作られたミュージカル。

記憶をなくした主人公アーニャが、自分の過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描いた、あらゆる世代が楽しめる心温まる作品だ。アーニャとともに旅をする若い詐欺師・ディミトリ役で出演する相葉裕樹さんに、作品の魅力やミュージカルへの思いなどを聞いた。

■男らしさ、可愛いげが共存する役に挑戦

「まず、この作品の楽曲は大ナンバーが多くて、1曲1曲それぞれ聴きごたえも見ごたえもあると思います。衣装も豪華ですし、とても華やかな作品です。先日、カナダに公演を見に行ってきたのですが、舞台となるサンクトペテルブルクの街並みなどのLEDの映像が本当にリアルで美しくて。

そこで、ディミトリが育った街をアーニャに紹介する『My Petters burg』という曲を歌うシーンがあるんですけど、映像を使った場面の展開の仕方に引き込まれましたし、見ていて鳥肌が立ちました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.