くらし情報『宮沢氷魚がゲイの役柄に重ねた苦悩「僕の居場所は日本ではないのかな」』

2020年1月24日 11:00

宮沢氷魚がゲイの役柄に重ねた苦悩「僕の居場所は日本ではないのかな」

宮沢氷魚がゲイの役柄に重ねた苦悩「僕の居場所は日本ではないのかな」
宮沢氷魚撮影/吉岡竜紀
「朝から晩まで一緒に過ごすのは、最初は嫌でした」

周囲にゲイであることを隠し、田舎で静かに暮らしていた主人公のもとに、突然かつての恋人の男性が娘と一緒に現れ……。LGBTQが題材の映画『his』で映画初主演を務めた宮沢氷魚(25)。元恋人役の藤原季節とは、役づくりのためクランクイン後にロケ地の岐阜県で共同生活を行ったそう。

■マイノリティであるがゆえの苦労

「最初は自分の時間が欲しいなと思うこともありました。でもLGBTQの役を演じるということで演技のことで悩むことも多かったので、ひとりだったら悩みすぎてうまく演じられなかったかも。藤原くんと作品のことを相談することもできたし、たわいない会話がストレス解消にもなりました」

18歳までインターナショナルスクールに通っていたこともあり、LGBTQが身近だったことも出演を快諾した理由だったとか。

「友人にもゲイやバイセクシャルの人がいたので、このテーマの作品のお話があればぜひやりたいと思っていたんです。

それで脚本をいただいたとき、これはみなさんにLGBTQについて理解を深めてもらえる素敵な作品になるなと思い、やらせてくださいと事務所の方にもお伝えしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.