くらし情報『中高年のひきこもり、国が用意した就労支援の実態は“人権を踏みにじるに近い行為”』

2020年1月25日 16:00

中高年のひきこもり、国が用意した就労支援の実態は“人権を踏みにじるに近い行為”

中高年のひきこもり、国が用意した就労支援の実態は“人権を踏みにじるに近い行為”
黒川祥子さん撮影/山田智恵
推計61万3千人。2019年3月、内閣府が発表したこの数字は、自宅に半年以上ひきこもっている40歳から64歳の全国人口です。

ひきこもりの長期化・高齢化がもたらす結果として、80代の高齢の親と50代のひきこもりの子どもの家庭が孤立化する「8050問題」は、今や大きな社会問題です。その問題の根に切り込んだのが『8050問題中高年ひきこもり、7つの家族の再生物語』です。

■子どもを“見えない存在”にする親

近所からも苦情が出るほどのゴミ屋敷に落ち武者のような風貌で住む兄と弟、排泄物にまみれた老母を1か月間放置していた前歯のない無気力な娘、毎年300万円の仕送りを25年間受け、父の遺産を使い果たしてもなお母にたかる息子。本書に登場する中高年ひきこもりの姿には言葉を失います。

「極端な例ばかり書いているように見えますが、取り上げた彼らの家庭は、当時の高度成長期では標準家族といわれている大黒柱の父と専業主婦の母と子ども2人に代表されるような普通の家庭なんです。現在80代の父親っていうのはほとんどがモーレツサラリーマンだった方たちです。

彼らの家庭が経済的に裕福だったために、退職後も子どもたちはひきこもりを続けることができた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.