くらし情報『木村拓哉『グランメゾン東京』の“特注包丁”が料理人の間でブームを起こしていた』

2020年1月28日 16:00

木村拓哉『グランメゾン東京』の“特注包丁”が料理人の間でブームを起こしていた

年が明けてから木村拓哉(47)の勢いが止まらない!

「1月8日に発売したソロアルバム『Go with the Flow』は、初週で12・7万枚を売り上げました。マクドナルドのCMに出演し、3月に公開される映画『ドラえもんのび太の新恐竜』で声優も務めますよ」(スポーツ紙記者)

そんな木村には、最近ハマっていることが。

「料理に凝っているんです。昨年、TBS系で放送されたドラマ『グランメゾン東京』で、一流の腕を持つフレンチシェフの役を演じました。役作りのためにプロの料理人から指導も受け、非常に気合が入っていました。いまもその熱が冷めないようです」(TBS関係者)

木村はもともとバラエティー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、ゲストに料理を振る舞う『BISTRO SMAP』での調理経験があったが、昨年のドラマを通じて、腕を上げたようだ。ひと回り成長した彼には“相棒”がいて……。

「ドラマで使っていた包丁を今でも愛用しているそうです。刃が黒く、柄が赤いものを使っているのですが、この包丁は撮影のために特別に作ったもので、プロの料理人も使う一級品なんですよ」(同・TBS関係者)

■木村が「切れ味が全然違う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.