くらし情報『《青梅強盗殺人》“実行役”の知人が告白、被告の過去と「殺意のなさ」の理由』

2020年1月28日 05:00

《青梅強盗殺人》“実行役”の知人が告白、被告の過去と「殺意のなさ」の理由

《青梅強盗殺人》“実行役”の知人が告白、被告の過去と「殺意のなさ」の理由
野村俊希被告(本人のFacebookより)
「トシキはもともと、人なんか殺せるような人やないと思う。もし本当にやったとしても、それは上の人に指図されて、断り切れなかったからやと思う。私は彼の罪が少しでも軽くなればと考えて、証言しようと思ったんです」

週刊女性の取材にそう重い口を開いたのは、週刊女性1月21日号で報じた東京の資産家強盗殺人事件で逮捕された野村俊希被告(25)の知人。

■母親からも捨てられて

昨年12月に青梅市の小川和男さん(享年67)が殺害された事件で、1月24日、新たに橘健吾容疑者(26)と簗瀬(やなせ)誠容疑者(23)が逮捕された。

野村被告はハン・イルイン被告(31)とともに12月27日にすでに逮捕されていて、今年になって強盗致死と住居侵入の罪で起訴されていた。

当初は「強盗殺人」で逮捕されたが、殺意があったことは認定できないとして「強盗致死」となったが、知人も野村被告が簡単に殺人までするような男ではなかったと証言する。

「トシキはもともと大阪府の出身で、中学校のころに両親が離婚。兄と姉は父親に引き取られ、彼は母親に引き取られた。その後、傷害事件か何かを起こして警察ざたになったため、母親からも捨てられてしまったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.