くらし情報『岸井ゆきの、高杉真宙の「怖い子ども時代」「早く40歳になりたい」告白に驚愕』

2020年2月3日 16:00

岸井ゆきの、高杉真宙の「怖い子ども時代」「早く40歳になりたい」告白に驚愕

岸井ゆきの、高杉真宙の「怖い子ども時代」「早く40歳になりたい」告白に驚愕
岸井ゆきの、高杉真宙撮影/高梨俊浩
「もし、本気で“マジンガーZの格納庫”を造ろうとしたら、一体いくらかかるんだ……?」

そんなふとした疑問に、本気で大人たちがぶつかっていく映画『前田建設ファンタジー営業部』(1月31日[金]新宿バルト9ほか全国公開)で共演する高杉真宙(23)と岸井ゆきの(27)。

作中では、建設会社の同僚である高杉らが“マジンガーZの格納庫”を造ることを想定し、トンネルやダムなど、さまざまな工事現場に赴き、造るうえで必要な技術や費用を調査していく。撮影では、実際にトンネルやダムなど、普段は入ることのできない工事現場にも行った。

高杉「あんなに間近でダムを見たのは人生で初めてでした。まるでドラクエのダンジョンに入ったような感覚で、作中のびっくりした表情は、少し素の僕も入ってしまっているような気がします」

岸井「私は造っている途中のトンネル工事現場にお邪魔させていただいたんですが、日本中のトンネルがこうやって人の手によって造られているのかと思うと感慨深くて。本当に貴重な体験でした」

■建設会社と映画業界の共通点は?

私たちが当たり前のように使っているものを生み出す建設会社。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.