くらし情報『中井貴一×佐々木蔵之介、イケオジ2人の意見が合致! 美しい人の「条件」とは』

2020年1月30日 11:00

中井貴一×佐々木蔵之介、イケオジ2人の意見が合致! 美しい人の「条件」とは

中井貴一×佐々木蔵之介、イケオジ2人の意見が合致! 美しい人の「条件」とは
佐々木蔵之介、中井貴一撮影/廣瀬靖士
’18年に公開され、大人たちを爆笑させた映画『嘘八百』がパワーアップ!第2弾となる『嘘八百 京町ロワイヤル』でも冴えない古美術商の小池と、くすぶったままの陶芸家・野田の“骨董コンビ”を中井貴一と佐々木蔵之介が演じる。本作についてインタビュー取材をしてみると──。

■生きるか死ぬかの16日間でした(笑)

中井「続編が決まったとお知らせを聞いたときは“えっ!”のひと言でした。前作を撮影していたときは、これがシリーズになるとか、先のことを考える余裕がなくて。いまを生きることで精いっぱいだったので」

佐々木「どんな環境だったか、わかりますよね(笑)」

前作は佐々木が「生きるか死ぬかの16日間でした(笑)」と語るタイトなスケジュールでの撮影だった。今回は、1週間ほど撮影期間が延びたと聞いたが、

中井「誰ですか?全方位的にパワーアップしたみたいなことを言ったのは(笑)」

佐々木「1週間じゃなくて、4日間です。正直、あまり変わらなかった(笑)」

劇中のコンビのようなテンポで会話が続いていく。今作のような、できる男とは真逆と言ってもいいおじさん同士のバディものは珍しいのでは?

中井「おっしゃるとおり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.