くらし情報『美肌・健康・賢さが手に入る! 令和でも取り入れたい歴史上の美女らの「食卓」』

2020年2月2日 16:00

美肌・健康・賢さが手に入る! 令和でも取り入れたい歴史上の美女らの「食卓」

美肌・健康・賢さが手に入る! 令和でも取り入れたい歴史上の美女らの「食卓」
歴史上の美女・賢女が食べていたものイラスト/上田惣子
人生100歳時代が迫っています。でも、ただ長く生きていればいいわけではありません。健康で長生きして、衰えることなく、若々しくきれいでいたいもの。そこで食文化史研究家の永山久夫先生に、歴史上の美女・賢女たちは何を食べていたのかを教えてもらいました。私たちでも、今日から食べることができるものばかりです。さっそく、今晩のごはんに取り入れましょう!

◆◆◆

女子力が落ちてきたと感じるのは、何歳くらいなのか。お肌の曲がり角は25~28歳ころ。脳の機能低下は40歳ころからだと言われている。しかし、そう簡単に老化の坂を転げ落ちるのは絶対に嫌!50歳になっても、60歳になっても、70歳になっても、私の人生は、まだまだこれから。

「焦らなくても大丈夫。昔の人が食べていたような自然のままの食べ物には、量の多い少ないはあれ、薬効成分が含まれています。卑弥呼や小野小町たちの食の知恵を学んで、みなさんも、生涯現役の魅力的な女性になってください」(永山先生)

■生涯現役を貫いた、女王・卑弥呼

歴史の本に登場する最初の女性が卑弥呼。その当時、日本は大小百か国あまりに分かれていたが、その中の邪馬台国の女王であり、周辺連合国の王であり、神事なども行うシャーマン(巫女)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.