くらし情報『金子大地、『おっさんずラブ』で共演の吉田鋼太郎と立つ「23歳初挑戦の初舞台」』

2020年2月9日 18:00

金子大地、『おっさんずラブ』で共演の吉田鋼太郎と立つ「23歳初挑戦の初舞台」

金子大地、『おっさんずラブ』で共演の吉田鋼太郎と立つ「23歳初挑戦の初舞台」
金子大地撮影/高梨俊浩
昨年春に初主演したテレビドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』で、ゲイであることを隠して生きる18歳の高校生の切実な思いを繊細に演じ、強烈な印象を残した金子大地さん。

その演技で第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞するなど、今後が期待される若手俳優だ。

そんな彼が、俳優・吉田鋼太郎演出のシェークスピア作品『ヘンリー八世』で舞台に初挑戦する。本読み初日では「演劇人の方々のすごさを目の当たりにして、圧倒されました」と緊張していたという金子さんに、初舞台への思いや気になる素顔について聞いた。

■吉田鋼太郎との思い出

「初舞台がシェークスピアということで、決まったときは少し不安に思いました。でも、ドラマ『おっさんずラブ』でご一緒させていただいた、尊敬する吉田鋼太郎さんが演出される舞台なので安心感がありますし、なにより出演できることがうれしかった。『劇場版 おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』の撮影のとき、鋼太郎さんに食事に連れて行っていただいたんです。

“大地、これから頑張ろうな!”と言ってくださって、一緒にお酒を飲みました。すごくやさしい方だなと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.