くらし情報『ひきこもり、うつ病、離婚…「誰が見ても美人」慶応大卒女性の人知れぬ“葛藤”』

2020年2月7日 12:00

ひきこもり、うつ病、離婚…「誰が見ても美人」慶応大卒女性の人知れぬ“葛藤”

現在、全国に100万人いると推測されるひきこもり。近年、中高年層が増加しており、内閣府は昨年初めて、40歳以上が対象の調査結果を公表した。一般的には負のイメージがあるひきこもり。その素顔が知りたくて、当事者とゆっくり話してみたら……。
ひきこもり、うつ病、離婚…「誰が見ても美人」慶応大卒女性の人知れぬ“葛藤”
※写真はイメージワケあり女子さん(32)のケース
32歳にしてバツイチ、不登校、うつ、ひきこもりなど、世間でマイナスだと思われることをこれでもかというくらい経験してきたワケあり女子さん。波乱に満ちた過去を振り返って、彼女自身、「よく頑張った。よく生き残ってきたと自分に言ってあげたい」と、しみじみ話す。

彼女と出会ったのは、『不登校新聞』の編集会議だった。私は見学させてもらったのだが、彼女の「学校や教師への不信感」「もっと自分を解放していい」という内容を語るときの凜(りん)とした口調が印象に残った。この人は相当な苦悩を抱えてきたに違いないと感じたのだ。

ワケあり女子さんは現在、教育関連の仕事に就いたばかり。これからきっと彼女の経験が生きるに違いない。

「ようやく人生が落ち着いた気がする」

そう言って笑う彼女の目が輝く。誰から見ても「美人」。だが、今まではそれも生きづらさにつながっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.