くらし情報『近藤真彦デビュー40周年も「嫌いなジャニーズ」常連、納得のディスられ理由』

2020年2月10日 05:00

近藤真彦デビュー40周年も「嫌いなジャニーズ」常連、納得のディスられ理由

(テレビ誌記者)

毎年年末に行われる、ジャニーズのカウントダウンコンサートも同様の“現象”が起きていたという。

「マッチさんのステージにかなりの時間を割いたそうです。この年はテレビでの生中継を行わなかった年だったのですが、会場のジャニーズファンは、ほかのグループのパフォーマンスももっと見たかったと残念がったといいます」(同)

毎年『週刊女性PRIME』がやっている「嫌いなジャニーズ」アンケートでも、’16年が4位、’17年が5位、’18年が3位、’19年が5位と、毎年ベスト5入りを果たすほど、“安定の悪感度”を保っている。ちなみに、先日発表された週刊文春デジタルの「嫌いなジャニーズ」アンケートでは第4位を獲得したばかりだ。

とはいえ、『スニーカーぶる~す』をはじめ、『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『ミッドナイト・シャッフル』など、数々のヒット曲を持ち、後輩がカバーすることも多いマッチの功績の大きさは、ジャニーズファンなら誰でも知っている。前出のテレビ誌記者は続ける。

「東山(紀之)さんとか嵐の松潤とか、演出を手掛けてて自分は裏方にまわったり、共演してもバックの子たちの使い方がうまい先輩はファンに好かれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.