くらし情報『近藤真彦デビュー40周年も「嫌いなジャニーズ」常連、納得のディスられ理由』

2020年2月10日 05:00

近藤真彦デビュー40周年も「嫌いなジャニーズ」常連、納得のディスられ理由

マッチさんは自身のレースチームは手厚く面倒をみますが、事務所の後輩の演出は手掛けませんからね(笑)。どうしても、ステージ上では“マッチショー”になってしまいます」

そんな中、ジャニーズJr.の人気ユニットTravis Japanのファンが、マッチの全国ツアーに脅威をいだいていないかと、心配する。

「マッチの35周年のツアーのときに、彼らがバックをつとめたんです。スキルの高いグループですし、彼らのファンも公演に駆け付けてくれ、マッチさんもけっこうTravisを気に入っていたので、40周年ツアーにもご指名があるかもしれません。でもそうなると、年内いっぱいはデビューから遠ざかることにもなりますし、今から心配するファンもいるのではないでしょうか」

■「パンダ」さん

メインになりすぎる問題ばかりではない。これまでの長い活動の中での「自分本位」と思われがちな行動なども、反感を抱かれることがある。マッチというと、いつまでも言われ続けるのが、中森明菜とのあの一件だとある芸能ジャーナリストは言う。

「明菜との金屏風の前での破局会見は、今も尾を引いています。明菜とはまったく関係のないマッチの記事がウェブに上がると、多くの明菜関連のコメントがつくほど」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.