くらし情報『長谷川京子、40代でさらに顔面進化? なぜ「不自然」に見えるのか高須院長が分析』

2020年2月8日 12:00

長谷川京子、40代でさらに顔面進化? なぜ「不自然」に見えるのか高須院長が分析

長谷川京子、40代でさらに顔面進化? なぜ「不自然」に見えるのか高須院長が分析
長谷川京子
ポリスのごとく、有名人の顔やボディ、果ては皮膚のコンディションにまで鋭く目を光らせているネットウォッチが趣味のOL・プラ美と美容ライター・イム子のアラフォーコンビ。

2人が最近、気になっているのが、16年ぶりとなる写真集『Just as a flower』(宝島社)で41歳の水着姿やセクシーショットを披露した長谷川京子。同写真集では恋愛ストーリーを背景に、胸元があらわになった写真を多く掲載し、話題に。ネットでは「写真の顔が人工的すぎるけど、これでいいの?」「41歳にしては老けすぎじゃない?」という声もあがっているが──。プラ美&イム子が真相を調査します!

◇◇◇

プラ美:長谷川京子の水着姿見た?41歳で写真集のテーマが「恋愛」って……女性ホルモン盛りっ盛り☆ な感じでいいわね~!

イム子:それより、あの写真集って、もしかしてデザイナーはMatt?なんだか不自然顔というか妙な美しさで、マネキン感があったわ。

プラ美:Matt化したにしては異次元感が足りないから違うでしょ(笑)。でも唇のド~ン!感は薄まってない?平子理沙パイセンに、いいヒアルロン酸の溶解注射を教えてもらったのかしら?

イム子:そうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.